マンチカンの性格や飼い方。歴史やかかりやすい病気・治療・予防生体|図鑑

名前

マンチカン

マンチカンの歴史

マンチカンは品種改良などせずに、猫の突然変異によって自然に発生した猫種です。両親のどちらかが足の短い猫の遺伝子を持っていれば、普通の猫と足の短くなる子猫が生まれる可能性は半々です。最も古いのは1944年の論文より、この時期にはすでに足の短い猫が存在していることが伺えます。しかし、その論文に記載されていた足の短い猫は第二次世界大戦で途絶えたと考えられています。1953年にドイツで、さらに1970年にはアメリカで短い足の猫が目撃されました。そこから1983年に計画的に短い足の猫の繁殖が始まりました。

マンチカンの名前の由来

マンチカンという名前は、まだ足の短い猫の繁殖が始まっていない頃、アメリカに住む女性が愛車の下にいた足の短い猫をみつけ、オズの魔法使いに出てくる背の小さい「マンチキン族」にちなんで「マンチカン」と呼んだのが始まりとされています。

マンチカンの生体

マンチカンの特徴

1番は胴が長く足が短い見た目が特徴的です。足が短い所意外は他の猫と変わらないが、あの足の短さからは想像ができないほどの運動神経の持ち主で、木に登る事も高いところから降りる事も、素早く走ることもこなしてしまいます。そのギャップにひかれる人が多いです。

マンチカンの体高・体重・寿命

体高:16〜20cm

体重:3〜5kg

寿命:10〜13年

マンチカンの毛色

マンチカンの毛色はさまざまな種類があります。シャム猫のよな柄やアメリカンショートヘアの様な柄、ロシアンブルーのような灰色の被毛色などあらゆるものがあります。

マンチカンの性格

陽気でエネルギッシュのため、よく遊びます。運動能力の高いことから猫とたくさん遊びたい!と思っている方には人気の猫種です。しかし、遊びまわることが好きなのでフローリングの床の場合、猫の爪傷んでしまったり床に傷が入ってしまうのでフローリングを変えたり、爪のケアをこまめにするなどの対策を取るとよいでしょう。

マンチカンの育て方

マンチカンは動く事に楽しさを感じ、遊んだりじゃれたりすることが大好きな猫ちゃんですので、つねに遊んであげましょう。また、トイレの場所やしてはいけないことは小さいうちからしつけておくようにしてください。しつける事によって今後のマンチカンライフを有意義に過ごすことができます。

マンチカンのケアの方法

マンチカンは毛の長さが長毛種と短毛種がおり、長毛種の場合は毎日のブラッシングを行ってくだいさい。長毛種は短毛種よりも毛玉ができやすく、皮膚病にもかかりやすいため毎日皮膚のチェックもかかさずに行いましょう。長毛の場合「スリッカーブラシ」を使いゆっくりと毛の絡まりをほどいていき、短毛の場合「ラバーブラシ」などの毛先が柔らかく、皮膚を傷つけないものを選び優しくブラッシングしてあげましょう。

マンチカンはこんな人にオススメ

元気がよく他の子とも仲良くできるので、多頭飼いをする方にはオススメです。また、遊ぶことが大好きなため猫とたくさんじゃれたい!猫と遊ぶことで癒やされる!という方にはオススメな猫種です。

マンチカンのかかりやすい病気

マンチカンは比較的病気にかかりにくい猫種です。猫は繁殖の歴史が長いほど体が弱く、病気にかかりやすい傾向にありますが、マンチカンの繁殖が計画的に行われ始めたのは1983年と年数がたっていないため、病気になりにくいのではないかといわれています。しかし、これから繁殖を続けていると遺伝性の病気や体が弱くなったしまう可能性があるので、注意することが必要です。

椎間板ヘルニアにはならないの?

犬の場合ミニチュア・ダックスフンドなどの胴が長く足が短い犬種は、ヘルニアになりやすい傾向にありますが、マンチカンの場合はそのような心配もなく元気に動き回ることができます。

スコマンチは違う種類なの?

スコマンチとは、スコティッシュフォールドとマンチカンを交配させたMIXのことを言います。たれ耳で足の短くてとても可愛らしい猫ですが、実はこの猫「血統書付き」ではないのです。TICA(猫の血統登録機関)では、マンチカンは他の猫種との交配を認めておらず、マンチカン同士・雑種のみ交配を認めています。なぜかと言うと、純血種には遺伝子が原因で起こる病気が多く、それを予防するために認められていません。そのため、「スコマンチ」「耳折れマンチカン」などと売られている猫は、血統書付きと書かれていてもTICAが認めていないため、その血統書は意味のないものとみなされます。

まとめ

いかがでしたか?足が短い猫が走り回る姿を見ると癒やされますよね♪そのような光景が毎日みれると思うと、家に帰ることが楽しくなりますね。人気の高いマンチカンを身近に感じてみてはいかがですか?

 

ミカ