PET RIBBON

ペットが死んだらどうする?納骨・埋葬の方法編

愛犬・愛猫の納骨・埋葬の方法は、どのようなものがあるのでしょうか?それぞれの詳しい方法を紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • google plus

148view

納骨・埋葬の方法はおおきくわけて4つ。

  • ほかのペットと一緒に埋葬する「共同墓地」
  • 専用のお墓に埋葬する「個別墓地」
  • 自宅に裁断を設ける/庭に埋葬する「自宅保管・土葬」
  • 専用施設に遺骨を安置する「納骨堂」

ほかのペットと一緒に埋葬する「共同墓地」

共同墓地とは、大きな墓石や供養塔などを設けた共同のお墓に、ほかのペットと遺骨と埋葬をすること。遺骨は引き取れませんが、お供え物やお線香をたむけられることが多いです。

こんな飼い主さん向き

  • 墓地の管理や供養を任せたい
  • 費用を比較的安価に抑えたい

費用の目安

無料〜約8,000円

専用のお墓に埋葬する「個別墓地」

個別墓地とは、ペット霊園などに設けられた区画内にお墓を建て、埋葬することです。区画内であれば何頭でも埋葬できたりしますが、初期費用以外にも年間の管理費用がかかることが多いです。

こんな飼い主さん向き

  • 人と同じように愛犬・愛猫だけのお墓を持ちたい
  • 埋葬したい遺骨が多い

費用の目安

約5万〜30万+年間管理費用(8,000円〜2万円が目安)

自宅に裁断を設ける/庭に埋葬する「自宅保管・土葬」

自宅に愛犬の写真や位牌を飾った裁断を設けて骨壷を保管したり、自宅敷地内に埋葬する方法です。庭に遺骨を埋める用に、土中で分解される骨壷を購入する人も多いです。

お骨を自然に還す土葬用骨箱(2.5寸)

¥1210(税込)

骨箱(2.5寸):高さ約9.5cm×幅約9.5cm×奥行約8cm
紙製ですので、埋葬した骨箱は月日をかけて自然に分解し、お土に還ります。お骨だけでなく、ペットちゃんの毛・爪・歯・ヒゲなどを納め、ご自宅のお庭などに埋葬してあげてください。

こんな飼い主さん向き

  • お参りやお供え物を自由にしたい
  • 死後も身近に感じていたい

費用の目安

無料

専用施設に遺骨を安置する「納骨堂」

納骨堂とは、専用施設に、遺骨を入れた骨壷を保管する形式のことです。割り当てられた場所内であれば、お供え物をしたり、お花や写真を飾ることもできます。

こんな飼い主さん向き

  • 埋葬方法が決まるまで一時保管したい
  • 管理や供養を任せたい

費用の目安

年間約8,000円〜3万円

土葬ってどうなの?

飼い主さんの私有地であれば、亡きがらを火葬せずに埋めることができます。ただし、ウィルスや感染症で死んだ場合は、土壌に強いウィルスが生き続ける場合もあります。

具体的な方法は次の記事に紹介していますので、チェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

petRibbonの最新の話題をお届けします。

不適切なコンテンツを報告する