ペットが死んだらどうする?信頼できる業者の7つの見分け方

① ペット葬儀業者の所在地や連絡先が掲載されている

トラブルの際に連絡がつかないように、電話番号や住所を記載していない業者もいます。住所や固定電話がなく、フリーダイヤルのみの広告もよく注意してください。

② 創業年数が掲載されている

信用が得られないと長期間事業の継続ができません。創業年数が10年〜20年以上など長いと、安心できます。

③ 施設の様子の写真を掲載している

動物の写真のみの場合は、何か不都合な理由があるのかもしれません。火葬場や納骨堂など施設内の写真があれば、信用できる可能性は高いです。

④ 葬儀業者で構成されている協会に所属している

協会は、入会を希望する業者が有料であるかどうか事前に必ず審査しています。その意味でも協会に所属していれば信用度は高いでしょう。

⑤ 質問に丁寧に答えてくれる

葬儀の方法から参列の際の服装、お供えできるものなど、聞きたいことに対して答えをきちんとくれると安心しますね。契約をせかす業者は信用できません。

⑥ ペット葬儀施設への見学を断らない

何らかの理由をつけて、遠回しに見学を拒否する場合は見せられないほど施設内が汚れていたり、粗末な可能性が高いです。

⑦ 基本料金なのかオプションなのか、料金明細を詳しく説明してくれる

料金の明細をきちんと提示してくれるペッ葬儀業者は信用してよい可能性大です。相場に比べて極端に低い場合は、追加料金が発生しないか必ず確認しましょう。

nobushino