病気?もしかしてそれは老犬のサインかも!老犬になって変化するもの・かかりやすい病気

犬も人間と同じで、「老い」がやってきます。筋肉や内蔵の機能が弱くなっていくと、様々な病気や変化があらわれてきます。いつもと違う・最近おかしいな・と感じたら、それは衰えから来ているかもしれません。老犬になりますと、のちのち介護が必要になったり、大きな病気になったりします。その事前のサインを見逃さないためにも、老犬に関しての基本的な知識を紹介していきたいとおもいます。

老犬とは?

老犬とは、個体差はありますが一般的に「小型犬・中型犬で11〜12年目」「大型犬で8〜9年目」あたりで「老犬」と呼ばれるようになります。人間の歳に置き換えると、65歳あたり。
この年齢になると、体の衰えや病気がおおきな問題になってきます。以前できていたことができなくなったり、体調が悪くなったりするので、注意が必要です。

老犬になると変化するもの

犬も衰えていくと、たくさん変化してきます。もし、次のようなものが現れたら介護の準備をすることを、おすすめします。

筋肉や骨の衰え

  • 歩くスピードが遅くなる
  • 散歩が嫌になる
  • ジャンプして、段を上がれなくなる
  • 足を引きずるようにして歩いている
  • 走らなくなる

歯の衰え

  • 食べるのが遅くなる
  • 食欲がない
  • 口臭がきになる
  • 歯がぐらぐらする
  • 歯が長くなったように見える
  • 口の中腫れてくる
  • 歯茎から出血がある

目の衰え

  • 見えない事からの恐怖心により、臆病になったり、吠えたり噛んだりと攻撃的になる
  • よくものにぶつかる
  • 遊んでも反応が薄い
  • 飼い主への依存度が高くなる

耳の衰え

  • 呼びかけても、反応が鈍くなる
  • 大きな声で吠えるようになる
  • 音が聞こえない恐怖で吠えたり攻撃的になったりする
  • 飼い主への依存度が高くなる

内蔵の機能の衰え

  • 食欲がなくなる
  • 嘔吐、下痢
  • 便秘
  • 体重が減る

その他、老犬になるとおこす行動

  • 足や体を噛みだし、出血する
  • 夜鳴きをするようになった
  • 下痢をするようになった
  • 痙攣(けいれん)している
  • 息が荒い

体温調節が難しくなる

老犬になると自分での体温調節が難しくなり、今まででは問題なかった事でも注意が必要となってきます。

【室内温度を調整する】
人間より3〜4度温度が低く感じているため、私達は涼しいと思っていても、犬にとっては「寒い」と感じることがあります。体温調節が厳しくなると、今までの温度設定だと寒すぎるかもしれません。


【水分補給に気をつける】
犬は「ハァハァ」と息を荒くすること(パンティング)によって、体温をさげていきます。その時に、体内の水分も一緒にでてしまうため、脱水症状を起こさないよう、常に清潔な水を準備しておきましょう。


【直射日光をさける】
直射日光は、なるべく避けるようにしましょう。日光に当たりすぎると、体温が上がりすぎてしまうことがあります。カーテンなどを使用して、直射日光に当たらないように工夫しましょう。


【風をあててあげる】
扇風機の風を当てて、熱を下げる方法があります。しかし、その風が原因でドライアイになったり、のどが乾燥して咽頭炎などにかかる恐れがあります。直接風が当たらないようにしましょう。

老犬にかかりやすい病気

病名

  • 糖尿病
  • 認知症
  • 心臓病
  • 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)
  • 腎不全(じんふぜん)
  • 白内障
  • 前立腺腫瘍(ぜんりつせんしゅよう)
  • 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ)
  • 椎間板ヘルニア
  • 子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)
  • 悪性リンパ腫
  • パルボウイルス感染症
  • 熱中症
  • クッシング症候群
  • 肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)
  • 肛門嚢炎(こうもんのうえん)
  • 骨肉腫(こつにくしゅ)
  • 口腔内悪性黒色腫(こうないあくせいこくしょくしゅ)
  • 気管虚脱(きかんきょだつ)
  • 肝臓がん
  • 変形性骨関節症
  • 会陰ヘルニア(えいん)

特に多い病名

糖尿病

[症状]
初期:水をたくさん飲む・おしっこの回数が増える・食欲が増えるが、体重は落ちていく
重症:嘔吐・下痢・食欲がなくなる・げんきがなくなる・口臭・昏睡状態になる。


[対処法]

  • インスリン注射
  • 運動療法
  • 食事療法

 

[予防]
適度な食事と運動に心がける。

老犬に特に多い病気「糖尿病」

心臓病

[症状]

  • 食欲がおちる
  • 呼吸困難
  • すぐに疲れる
  • 失神
  • 腹水
  • 胸水
  • 肺水腫

[対処法]

  • 食事療法
  • 強心薬、利尿剤などの薬物療法
  • 安静にする

[予防法]

  • 定期検診
  • 早期発見、早期治療

腎不全

[症状:急性賢不全]

  • 脱水
  • 呼吸が荒くなる
  • 尿量の激減
  • 食欲がなくなる
  • 嘔吐
  • 元気がなくなる
  • 背中がアーチ型になる(急性の場合症状がみられ、数日のうちに悪化し、命を落とすことがある)

[症状:慢性賢不全]

  • おしっこの回数が増える
  • 食欲がなくなる
  • 体重が落ちる
  • 嘔吐
  • 便秘
  • 元気がなくなる
  • 口臭

[対処法]

  • 点滴
  • 透析治療
  • カルシウムを補足した低リン食

[予防]

  • バランスの良い食事
  • 腎不全の原因となる「レーズン」「ぶどう」をたべさせない
  • 定期検診を受ける

認知症

[症状]

  • ぼーっとしている
  • 呼び掛けへの反応が鈍くなる
  • 食欲旺盛だが体重が落ちる
  • よく寝る
  • 昼夜逆転する
  • 歩きまわる
  • 夜に変な声で鳴く
  • 後ろに下がれない
  • 円を描くように歩く

[治療]

  • 食事療法(処方食)
  • サプリメント
  • 運動療法
  • 環境の改善
  • 声掛けを増やす

[予防]

  • 定期検診
  • 早期発見、早期治療

白内障

[症状]

  • 目が白く濁る
  • 視力低下
  • よくものにぶつかる
  • 段差につまずく

[治療]
初期:点眼薬・内服薬
重度:外科手術


[予防]

  • 定期検診
  • 早期発見、早期治療

まとめ

いかがでしょうか?
老犬になると様々な病気にかかりやくすなってきます。少しでもおかしいと思ったら、病院にて検診をしてあげてください。(半年に1度の定期検診をオススメします。)
老犬のサインが出できましたら、介護の準備もしておきましょう。介護の予備知識があるのと無いのとでは、違ってきます。また、老犬ホームなどの施設もあるので、介護が始まる前に、目星をつけておくこともオススメします。

ミカ
小動物看護師の資格取得を目指し中!山育ちのため動物や自然が大好きです。ペットは「猫・犬・鶏・ハリネズミ・うさぎ・亀・メダカ」を飼ったことがあります。おでかけ・カフェ巡りや甘いスイーツが大好物です♪