【看板猫に会えるお宿特集】まるで猫屋敷!?70匹の猫に囲まれて宿泊できる「新玉旅館」日帰り・猫カフェ利用も可能【大分県別府市】

今回はふみふみとお客さんの背中をマッサージする看板猫の「ミルク」ちゃんがいる、新玉旅館を紹介します。こちらの旅館では70匹もいる保護猫たちと遊ぶ事ができます。場所は大通りから少し入ったところにありますが、壁に猫の看板があり、また、外からでも猫たちのお部屋が見えるのですぐに分かります。

新玉旅館看板

駐車場にも一工夫

4台ほど車が止めることの出来るスペースがあります。駐車場には猫の足跡があり「地域猫たちに「ここに来て休んでいいよー」という目印として猫の足方で道しるべを表しています」とのこと

新玉旅館の駐車場

こちらの旅館では猫が70匹ほどいまして、すごいことに全て保護猫なのです。

新玉旅館の外見

また、こちらの旅館では地域猫活動もされており、野良猫を保護し去勢・避妊をして桜耳にした猫を地域猫として野良の状態に戻すのです。なぜ、野良の状態に戻すのかというと猫は環境の変化に弱いため、成猫の場合急に家猫になってしまうとストレスで弱ってしまう事があります。そのため、女将さんや弟さんが「この子は地域猫の方が良い」と判断した場合、今までいた場所に戻して上げるのだそうです。

新玉旅館の料理担当の弟さん

まず最初に入ったお部屋は畳のお部屋で猫ちゃんが数匹いました。どのお部屋にも共通なのが、空気清浄機・冷暖房の完備しており、四六時中可動させているそうです。また、失明などの病気がある子やケガをしている子に対しては譲渡会にも出さずに、新玉旅館で引き取って看病をしながら飼育しています。

新玉旅館の猫

小さいお子さんに対して猫ちゃんたちは少し怯えているようすでしたが、次第になれてきていました。

新玉旅館の猫と子供

池を改装した猫のお部屋

次に入ったお部屋は、庭の池を改装して作られたお部屋でその名残に、お部屋の真ん中に大きな石が埋まっていました。このヘヤは「もっとたくさんのねこを保護してあげたい」との思いで改装したそうです。

部屋の大きな石と猫

エリザベスカラーをつけていた子もおり、この子達は去勢・避妊手術を受けたばかりの子だそうです。

エリザベスカラーをつけたねこ

ネコちゃん達が遊べる様に階段や渡り綱・小さな箱などもあり、不自由ない作りになっていました。

猫の遊び場

黒白ぶち柄の猫ちゃんのおへや

3つ目のねこさんのいるお部屋は「黒白ちゃんルーム」でした。こちらは白黒猫のお部屋で可愛い模様のネコがたくさんいました。ハチワレ猫や黒ぶち猫もおり、黒白の猫だけでもいろいろな模様の子を見ることが出来ます。実は白黒ちゃんは譲渡会に出すのですが、人気がなく残ってしまう事が多いためあらたま旅館で引取飼っているそうです。

黒白ぶち柄のネコ
リラックスするネコ達

こちらのお部屋には失明をした猫もいます。この黒猫ちゃんが保護された時から失明をしており、病院で眼球の摘出手術を行ったそうです。しかし、ちゃんと前が見えている様に歩いたのでぱっと見ただけでは、目が見えていないことが判断できませんでした。

目の悪い猫

看板猫ミルクちゃんのいるお部屋

4つ目のお部屋は、看板猫のミルクちゃんのいるお部屋です。こちらの部屋には脱走する子が多いため、ドアが2重になっていました。看板ねこのミルクちゃんですが、人の背中に乗ってふみふみとマッサージをすることで有名になりました。気分によってする時としない時があるのですが、マッサージする時は10分以上もするそうです。たまに、はやく寝っ転がって」と背中を押してくる事があります。

可愛い三毛猫ちゃん
ひどい風邪だった猫

二重扉になっている間の廊下には、猫ちゃんたちの薬がぎっしりと並んでおり看病がどれだけ大変なのかが見てわかります。

猫たちの薬

エイズや白血病にかかっている猫ちゃんのお部屋

5つ目の部屋は猫エイズや白血病に罹っている子がいるお部屋です。一般の方は入ることは出来ないのですが、特別に入れていただきました。ねこエイズや白血病は、ねこのかかりやすい病気ですので、飼い猫を外に出す場合は気をつけてください。

エイズにかかっている猫

子猫のお部屋

6つ目のお部屋は、譲渡会に参加中の子猫ちゃんがいました。ケージの中や、外にもいて走りまわっていました。とても小さく、すばしっこいのでケージの中から脱走をするシーンも笑

元気な子猫

ねこちゃんとより楽しく遊ぶには??

新玉旅館でねことふれあう場合は「ズボンの着用」「靴下の着用」「マスクの着用」を勧めています。スカートではなくズボンを勧めている理由としては、床で寝っ転がりながら猫ちゃんとコミュニケーションをとってほしいとの事。また、マスクの着用は、70匹もいるので猫アレルギーではない人でも、くしゃみや目が痒くなったりと症状が出る恐れがあるため、予防としてマスクをすることをオススメしています。

あらたま旅館の温泉

温泉は女湯と男湯があります。少しサイズは小さいですが、和風な感じでとても落ち着くスペースになっています。別府でも珍しい「ナトリウム塩化物炭酸水素塩泉」の成分が入っているそうです。

温泉

あらたま旅館の客室

客室は5部屋あり、猫が増えるたび客室をねこのへやとして改装しているので、年々と減っていっているのだとか。お部屋の中にはベット・洗面台・トイレがついています。部屋によっていはベットの無い部屋や、広い部屋小さい部屋があります。

客室の廊下
新玉旅館の客室

昼間ににゃんことお遊びプラン

宿泊はしないけど、お昼に猫ちゃんと遊びたい!という方にオススメのプランです。すべて予約制ですので、事前にお店側に電話をかけて確認しておきましょう。(0977-22-8166)

新玉旅館の評判・クチコミ

にゃんこ好きにはたまりません!!!
ここに行ったら猫喫茶なんて行けなくなります。
血統書は付いていなくても可愛く人懐っこいにゃんこ達がたーくさん待ってます。
50匹前後のにゃんこがいるので猫アレルギーがある人は要注意!
アレルギーはないと思っていても猫だらけなので反応する場合もあります。
汚れたら困る服や爪が引っ掛かりやすい服は避けた方がベターです。

Google

オーナーさん達の熱意は伝わる。
軽い気持ちで行くのはおすすめしない。
本当に、本当に猫好きな方にはまぁおすすめ。
飯も旨い。
佇まいは民宿の体。

間違いなく、二時間みっちり猫まみれになれます。

Google

新玉旅館の店舗紹介

可愛い猫ちゃんたちに癒やされてみてはいかがですか?

▷HP
http://aratamaryokan.web.fc2.com/

▷Facebook
https://www.facebook.com/%E6%96%B0%E7%8E%89%E6%97%85%E9%A4%A8-1989867957906207/

【電話番号】0977-22-8166
【住所】大分県別府市浜脇2丁目1-13

宿泊の予約をしたい方はこちら⬇
https://a.r10.to/hruRuY

猫の写真集が癒される・・

こちらのあらたま旅館では、旅館にいる猫ちゃんの写真集が販売されています。看板猫のミルクちゃんが小さい頃の写真ものっておりとでも癒やされる1冊になっています。こちらの1冊を購入することで、保護猫さんたちのご飯代や環境設備代として使われるます。

あらたまにゃんこ
あらたまにゃんこ

猫カフェとの違いとは?

巷で話題の猫カフェですが、こちらはカフェではなくネットでは「猫宿」などと呼んでいる方もいます。ねこカフェとの違いとしては、個室でねこちゃんと戯れることが出来ます。他のお客さんと一緒になることがないので、その時間はゆっくりと猫ちゃんたちを堪能することができます。猫カフェだと、他のお客さんと同じ空間で一緒にいるので、他の所にいってしまったりして時間いっぱい遊ぶ事ができません。また、30代の男性一人のお客さんも多く猫の前では猫語や赤ちゃん語になってしまうそうで、そうしたプライバシーを守るためにも個室のほうが楽しむことが出来ます。

ミカ
小動物看護師の資格取得を目指し中!山育ちのため動物や自然が大好きです。ペットは「猫・犬・鶏・ハリネズミ・うさぎ・亀・メダカ」を飼ったことがあります。おでかけ・カフェ巡りや甘いスイーツが大好物です♪