その遊び飽きてません?愛犬を楽しませる5つの遊び方

犬の遊びといえば、ボール遊びや定番なものがいくつかありますよね。楽しんでいるからと、長い間その遊びを続けていては飽きてしまいます。今までと遊びのほかに、どのような遊びをすればよいのか困りますよね。そこで、今回はどのようなあそびがあるのか、紹介して行きたいと思います。

独り遊び

犬はひとりでよく遊びます。バスケットボールなど大きめのボールだと、一人で追いかけて遊んでくれます。また、独り遊びマシーンを開発した方もいるようです。テニスボールをマシーンに入れると、遠くに飛ばしてくれます。ボールを拾いにいき、セットするまで全て犬独りでできるようになっています。

自作で作られた、自動キャッチボールマシンです。

スキンシップ

スキンシップも大事な遊びにあります。かまってあげるだけでもストレスの発散となります。スキンシップのとり方ですが、頭をなでてあげたり、抱っこしてあげたりしてしてたくさん可愛がってあげましょう。飼い主さんにかまってもらえることが、何よりの喜びにもつな繋がります。

おもちゃ

今では様々なおもちゃが出てきました。おやつのように食べれるものもあれば、ぬいぐるみに引っ張り紐が付いているものがあります。また、おもちゃを手作りでつくってもるのも、ひとつの方法としてあります。家にあるものや、古びた前のおもちゃをリメイクしてみてはいかがでしょうか?
犬のおもちゃを紹介していきます。

手作りおもちゃのレシピ

しつけ

しつけも遊びに変えてみましょう。怒らずに楽しくしつけを行えば、犬も楽しんでくれます。成功出来たら、しっかりと褒めることがたいせつです。思いっきりほめて上げましょう。また、おもちゃを使ったしつけでは、遠くにあるおもちゃをもってきてもらったり、「ちょうだい」をおぼえさせたりしてみるのも楽しみの一つになります。

外で走り回る

ドッグランなどで、走り回させるものよいです。自由に、自分の好きなように遊んで貰うには、ドッグランなどがよいです。ドッグランのように、犬専用の場所ならよいが、普通の公園など、公共の場でリードを離すのはやめてください。トラブルの原因となってしまいます。

なかよしドギー健康ラン(1台)【ドギーマン(Doggy Man)】[爽快ペットストア]

¥97,800(税込)

中にはこんな物も!!台風の日や雪の日など散歩にいけない日でも、ウォーキング運動をすることができます。

遊ぶときの注意点

引っ張りっこ遊び

引っ張りっこ遊びはあまりオススメしません。引っ張りっこで犬が勝つことにより、遊びの主導権を犬に取られてしまいます。その為、家族や飼い主をしたに見るようになり、指示に従ってくれなくなります。

興奮のしすぎには注意しよう

興奮しすぎると、飼い主の指示が聞いてもらえなくなります。ウ”〜とうなりだしたり、くわえたおもちゃを振り回したりした時には、遊びを止めてあげましょう。

もし噛まれたら

もし遊んでいる最中に噛まれた場合、すぐに遊びを止めてその場をさります。噛んだら遊んでもらえなくなることを教えます。噛むことに対し叱ったり、許してしまうことはしてはいけません。

まとめ

いかがでしたか?
犬の遊び方はたくさんあります。その子に合った遊び方や、違う遊びに挑戦したりしてみてください。今ではたくさんのグッズが出てきています。色々試してみてはいかがでしょうか。しかし、一番の遊びでありご褒美であるのは「スキンシップ」です。たくさん可愛がって上げてくださいね。

ミカ
小動物看護師の資格取得を目指し中!山育ちのため動物や自然が大好きです。ペットは「猫・犬・鶏・ハリネズミ・うさぎ・亀・メダカ」を飼ったことがあります。おでかけ・カフェ巡りや甘いスイーツが大好物です♪