PET RIBBON

その食べ物、猫が食べてギリギリセーフ?アウト?

少しだけならいいかな・・・。ちょっと待って!そのちょっとがかわいい愛猫の命にかかわる食べ物かもしれません!猫に与えてOKな食べ物とNGな食べ物はなにかしっかり把握しましょう。

  • twitter
  • facebook
  • google plus

563view

食事をしているとき、愛猫が「私もそれほしい・・・」と、じっと食事をしている姿を見てくる、なんてことありませんか?
そして、可愛さに負けて、ついついわたしたち人間が食べているものを「ほしがっているし・・・」とあげちゃう、なんてことはありませんか?
人間には害がないからと言ってあげたものでも、実は猫ちゃんたちにとっては危険な食べ物があります!

今回は、猫ちゃんたちにとって食べたら危険な食べ物はどんなものがあるか、ご紹介していきます。

なぜ人間の食べ物をあげちゃだめなの?

なぜ、猫ちゃんたちに人間の食べ物を与えてはだめなのでしょう?
筆者も幼いころ、近所の猫に自分が食べていたお菓子をあげようとしたら、祖母から「あげちゃだめ!」と、止められたことがあります。そのときは、食べ物を与えるともっとほしがってついてきてしまうからなのか、と思いましたが、どうやら違っていたようです。
猫ちゃんに人間の食べ物を与えるのがNGな理由は以下の通りです。

猫にとって害となる可能性があるため

私たち人間に必要な栄養素と猫ちゃんたちに必要な栄養素のバランスは全然違います。人間にとっては無害なものでも、猫ちゃんが食べてしまうと消化不良や中毒を起こしてしまう可能性があるのです。

本来の餌(キャットフード)を食べなくなるため

人間の食べ物を与えてしまった場合、どうなるでしょう?猫ちゃんたちはその味を覚えてその食べ物をほしがるようになってしまいます。ほしがっているからといい、人間の食べ物を与えられることに慣れてしまうと、ひどい場合は本来の餌であるキャットフードを食べなくなってしまうこともあるそうです。

食べると中毒を起こしてしまう食べ物

ねぎ類(玉ねぎ・ねぎ・にら・にんにく)

ねぎ類には、赤血球を破壊する成分が入っており、貧血や血尿を引き起こす恐れがあります。調理済みの加工しているもの(ハンバーグや煮物)に入っているものもNGです。「少しなら大丈夫かな・・・?」と思われるかもしれませんが、体内に蓄積していく成分が含まれているため、少量でもネギ類の食べ物は与えないで下さい。

チョコレートなどのカカオ類

下痢・嘔吐・異常な興奮・けいれんなどを引き起こす原因になります。もし、多量に食べてしまうと、死亡するという命に関わるもあるそうです。また、あんこやクリーム系の甘い食べ物も虫歯や肥満の原因になり、糖尿病になるリスクも持っています。

毒性のある植物(ツツジ・ジャスミン・ブルーベリー・アサガオなど)

中毒症状を引き起こすため、危険です。誤って愛猫たちが舐めたり、かじったりしないように部屋の中など、猫の手が容易に届くような場所に置くことは避けましょう。

食べると消化不良の原因になる食べ物

エビ・カニ・タコ・イカ・貝類

猫ちゃんたちにとって消化が悪い食べ物です。そのため、消化不良や下痢、嘔吐の原因になります。

生肉

細菌や寄生虫がいる可能性があり、細菌感染の恐れがあります。特に、豚肉にはトキソプラズマという寄生虫がいます。このトキソプラズマに感染すると、下痢を引き起こす他に、目の障害や体重減少といった症状を引き起こします。
また、愛猫が感染してしまうと人間にも感染する可能性があるため、与えないようにしましょう。ただし、トキソプラズマは加熱すれば死滅するため、与える場合は必ず火を通してからにしましょう。

人間用の牛乳

人間が飲んでいる牛乳には、ラクトースという牛乳の成分があります。このラクトースを分解する酵素を猫ちゃんたちの体内では充分に生産することができません。これにより、下痢を引き起こす恐れがあるため、人間用の牛乳は与えないようにしましょう。
与える場合は、市販にある猫専用ミルクを購入して与えてあげましょう。

生卵の白身

キャットフードの成分にも含まれている、ビオチンという猫ちゃんにとって大切な微量栄養素があります。生卵の白身には、そのビオチンを分解してしまうアビジンという成分が含まれており、ビオチンの欠乏をまねいてしまいます。多量に摂取してしまうと、下痢のほかに皮膚炎・脱毛・結膜炎などの症状を引き起こしてしまいます。
ただし、加熱をすれば、アビジンは消滅するので与える場合は、火を通し、ゆで卵にして与えましょう。卵はタンパク質が多く含まれており、栄養もあるので日を通した状態で適時与えてあげましょう。

食べると体によくない食べ物

人間用に味つけされたもの(砂糖や塩など調味料を使っているもの)

例えば、ハム・ソーセージ・ベーコン ケーキ・お菓子 など`が挙げられます。
人間が食べ残した残飯やごはんに鰹節をかけた「ねこまんま」などをあげている方はいらっしゃいませんか?実は、ねこまんまなど人間用に味付けされたものは猫ちゃんたちにとっては、糖分や塩分が多すぎるといわれています。そのため、猫ちゃんたちの体に負担がかかり、肥満の原因にもなります。

魚や鳥などの骨

魚の身や肉の部分がないからといって与えるのはNGです。猫ちゃんたちは、食べるときに小さく噛み砕いて食べるのが苦手と言われています。もし魚の小骨が喉に引っかかってしまったら、猫自身で取ることはできず、可哀相ですよね?また、消化管や胃壁に突き刺さってしまう恐れもあるそうです。便秘の原因にもなるので与えないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?知らず知らずのうちに愛猫に与えている食べ物はありませんでしたか?「かわいいから」「ほしがるから」といって、与えていたものが愛猫の健康状態を悪くさせている可能性があります。「この食べ物は与えても体に害はないのか?」と考え、調べて食べ物を与えるようにしていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

petRibbonの最新の話題をお届けします。

不適切なコンテンツを報告する