意外とすぐに覚えてくれる、犬のトイレのしつけ方

飼い始めて、一番最初にしつけておきたいトイレのしつけです。特に家の中で飼っている人は、小さい頃から習慣づけさせておきましょう。「こんな所でしてから!!」とストレスが溜まらないようにしっかりと教えてあげましょう。また、トイレのしつけをすることによって掃除の数が減ったり、不快な気持ちになることが減るので手間もストレスも軽減出来ます。犬は賢い動物なので、自分のなかで「これはいいかな?これはしても無駄だな・・・」などと、考えています。そのため、「ここでトイレをしたら飼い主が喜んでくれる!」「ここでトイレをしても意味なのか・・・」と気づかせる事がたいせつです。今回は「しつけの仕方」を踏まえてトイレのしつけを紹介してゆきます。

1,観察しましょう

 まず最初に行って欲しいのが「観察」です。
この子はトイレに行く前、どのような行動をしているかを把握していると良いでしょう。犬にも個性があり、この子はトイレ前こんな動作をしていたけど、あの子はこんな動作をする・・・と犬によって違うことがあります。トイレ前の行動としては「そわそわして落ち着かない」「床のにおいを嗅ぎ始める」等があります。また、よくここにトイレをしている、この時間になるとしている、ご飯の食べて何分後ぐらいにいつもしているなぁ・・・など、その子のパターンを見つけ出していきましょう。すると、しつけもスムーズに行うことができます。

2,失敗しても叱らない

 もしトイレに失敗しても体罰を与えたり、叱ったりしないようにしましょう。トイレをしている時に怒ると、トイレをすることに怒られていると思い、隠れて部屋の隅にすることがあります。また、「もーダメでしょー」など中途半端に声をかけてしまうと「飼い主が喜んでいる」と勘違いすることがあります。ですので失敗した場合は、一度犬を他の場所へ移動させ、何事もなかったかのように素早く片付けるようにすると良いでしょう。

3,サークルでのしつけ

 トイレの場所を覚えてもらうには、「サークル」を使うと効果的に教えることができます。場所としては、人目の気にならない場所が良いです。トイレシートを使う場合は寝床の反対側に多めに敷いておきましょう。そこでトイレをした回数の多いところを残し、トイレシートを減らしていきます。すると、固定されたところにしてくれるようになります。「ここはトイレなのか!」と気づかせてあげましょう。もし、寝床とトイレの区別が付かない時は、入り口を作ったダンボールを寝床の上に被して置きます。犬は囲まれたところが好きなため、そこを寝床として使う様になります。
また、号令も教えてあげましょう。トイレ前の行動が見られた時は、サークルの中に連れて行き排泄していると同時に、「シーシー」などの号令を言と「この号令はトイレか!」と覚えてくれるようになります。号令を覚えていると、トイレのコントロールがこちらである程度できるようになるので、覚えさせたいた方が良いでしょう。また、号令を覚えていると散歩中のトイレの回数を減らすため、散歩前にトイレをさせておくことにも役立ちます。

・サークルが置けない場合
 部屋自体をサークルとしてみなし、部屋のいたるとこにトイレシートを敷いていきましょう。そこで徐々にシートの枚数を減らしつつ、部屋の隅に移動させていき固定すると、そこでトイレをするようにないます。
 サークルの代わりに、お風呂場をトイレとして使う方法もあります。

トイレシートで遊ぶワンちゃんへの対処法

布製のトイレを使ってみよう

 一般的には紙シートを使うところが、多いとおもいます。紙だと噛み付くと、すぐにボロボロになってまったり、誤食してしまいます。そこで布製のトイレシートを使うことでボロボロにならず、誤食する恐れはありません。しかし、毎回洗わなければならないく、手間がかかります。また、放置しておくと菌が繁殖してしまうため早めに洗うようにしてください。

トイレシートカバーを使おう


もしボロボロにしてしまうときは、しつけを行いましょう。もしかすると、そのトイレシートをおもちゃだと勘違いしているのかもしれません。特に匂いつきのトイレシートは、「これはなんの匂いだろ?おもちゃかな?」と興味をしめし、遊んでしまうことがあります。一度無臭のものに変えてみてください。トイレの匂いが気になる時は、すぐに処理をしましょう。それでも遊んでしまう場合は、カバーを使ってみてください。お手入れが少し面倒ではありますが、トイレシートをボロボロにして片付ける手間や、誤食の危険性などを考えると、カバーを付けておく方がよいですね。

まとめ

 トイレのしつけは外出した時や他の家に行った時などにも役に立つので、曖昧にせずにしっかりとしつけることが大事です。
「失敗したら叱る」という行為は、メリットより断然デメリットの方が多いのでオススメはしません。「成功したら褒める」ことに意識をしましょう。

では、合わせて他のしつけについても見てみてはどうでしょうか。

雄犬が片足上げおしっこを覚えてしまった場合の、やめさせる方法については次の記事を参考にしてください。

ミカ