かわいいオコジョ♪そんなオコジョの生体は??

白くてもふもふしてて、目がくりくりでかわいいオコジョ。小さい耳にキュッとした口がなんとも言えませんよね。では、そんなかわいいオコジョの生体について紹介して行きたいと思います。

名前

和名:オコジョ(ヤマイタチ)

英名:Ermine Stoat

分類

ネコ目イタチ科に分類され、イタチの仲間になります。

歴史

オコジョの生息地

ヨーロッパ中北部・アジア中北部・北米などのに生息しています。オコジョは寒い地方に行くつれ、小さく小型化になる傾向があります。

オコジョの毛皮

オコジョは年に2回毛の生え変わりがあり、夏には茶色の毛色になり、冬には真っ白な毛色になります。真っ白な毛色は、「アーミン」と呼ばれておりヨーロッパの貴族や王族の象徴として使われていました。

オコジョの生体

オコジョの性格

気が荒い性格をしています。

オコジョの種類

日本には2亜種のオコジョが生息しています

・ホンドオコジョ(青森から本州中部に生息しています)

・エゾオコジョ(北海道に生息しています)

オコジョの食事

野生のオコジョは、肉食自分よりも大きな野うさぎやらいちょうなど狩り、食べることがあります。普段はネズミを食べて過ごしています。

オコジョの生活

基本的に単独行動をしており、岩の影や木の根っこをすみかにしていることが多いです。木登りや泳ぎも得意できびんに行動しています。

オコジョの体長・体重

体長:16~33cm

体重:150~320g

オコジョはペットとして飼えるの?

オコジョはペットとして飼うことができません。準絶滅危惧種や天然記念物に登録されており、飼うことができなくなっています。また、気性が荒いためペットには不向きです。オコジョに似たフィレットはペットとして飼うことができるのでどうしても、オコジョを飼いたい!!と思う方は、フィレットも目星に入れておくとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

かわいい動物がいると、ついつい「飼いたい」「一緒に住みたい」と思ってしまいますよね。しかし、飼う前にはしっかりと調べておくことが重要になって来ます。オコジョは飼えませんが、フィレットなども前もって調べておきましょう。

ミカ