シニア犬 のまとめ

  • 寿命を左右するサインかも?見た目・ニオイに出る愛犬の25の老化シグナル

    7歳以上のシニア犬が増えている昨今。 老化のシグナルは病気のシグナルであることも。犬は年を取って体が衰えていくと、それが老化シグナルとなって見た目や行動に少しずつあらわれてきます。見逃しがちな老化のサインですが、異常に気付いてあげる事で、早期発見や予防につながります。徐々に年老いていく愛犬の健康をどう守り、どう生活を充実させていくか。日頃の生活のなかで愛犬の見た目や行動を観察し、早めの予防や対処をしてあげてください。

  • 老犬が水を飲まなくなった場合の水分補給方法と病気のサイン

    犬は寿命を迎える時期が近づくと水を飲む力が弱って、少量しか水分補給ができていない場合があります。水を飲まない老犬の対処方法と、老化ではなく病気がうたがわれる諸症状についてご紹介します。

  • シニア期の散歩と運動量。老犬になって気を付けることは?

    昔は散歩が大好きだったのに、最近はあまり行きたがらない、座り込んで動かないなどの変化を目の当たりにしているペットオーナーさんもいることでしょう。運動量が減ることにより、肥満になりやすくなり、ますます足腰への負担が増えて動きにくくなるという悪循環におちいることを予防したいですね。