高齢化 のまとめ

  • 寿命を左右するサインかも?見た目・ニオイに出る愛犬の25の老化シグナル

    7歳以上のシニア犬が増えている昨今。 老化のシグナルは病気のシグナルであることも。犬は年を取って体が衰えていくと、それが老化シグナルとなって見た目や行動に少しずつあらわれてきます。見逃しがちな老化のサインですが、異常に気付いてあげる事で、早期発見や予防につながります。徐々に年老いていく愛犬の健康をどう守り、どう生活を充実させていくか。日頃の生活のなかで愛犬の見た目や行動を観察し、早めの予防や対処をしてあげてください。

  • 老犬介護の必要度チェックリスト

    日々のケアが長生きしてもらう秘訣です。老化を止めることはできませんが、早め早めの気配り対応で、老化のスピードを遅くさせることはできます。犬の健康管理や日常の管理は、老犬になって慌ててするのではなく、生活全般に関して見直す意味でも、老犬生活にむけて準備をする意味でも、一度きちんと向き合ってみましょう。

  • なぜペットロスになるの?原因は高齢化や少子化などによるペットの役割の変化かも

    「ペットロス」という言葉を聞いたり見たりしたことがあるかと思います。でも、なぜペットロスになるのでしょうか?社会背景とペットロスは一見関係ないようにも思えますが、実は大きく起因しています。

  • シニア期の散歩と運動量。老犬になって気を付けることは?

    昔は散歩が大好きだったのに、最近はあまり行きたがらない、座り込んで動かないなどの変化を目の当たりにしているペットオーナーさんもいることでしょう。運動量が減ることにより、肥満になりやすくなり、ますます足腰への負担が増えて動きにくくなるという悪循環におちいることを予防したいですね。