しつけ・訓練

しつけや訓練に関しての情報を集めたカテゴリになります。しつけは、飼い主にとっては必須事項ともいえるでしょう。トイレ、無駄吠え、噛み癖など、性格によってしつけの方法は異なります。気性の荒い子に穏やかな子・臆病な子と様々ですが、その子に合ったしつけ方法がみつかるよう、一つのしつけに対し様々なオススメの方法をあつめています。

関連するキーワード

しつけ・訓練 のまとめ

  • 室内飼いのオス犬の片足上げおしっこをやめさせるにはどうしたらいい?しつけの方法は?

    オス犬を飼っている場合、「片足あげのおしっこをさせたくない」という人もは多くいると思います。片足をあげさせないようにしつける方法はいくつかありますが、雄犬の場合、個体差はありますが、だいたい6~10カ月くらいで片足を上げておしっこするようになるようで、しつけは基本的には子犬のうちだけ有効なもの。成犬になってからのしつけは非常に難しいので、はじめのうちにしっかりとしつけをしましょう。

  • 愛犬のイタズラをどうにかしたい!!いたずらをする原因・病気・イタズラをやめさせるための対策

    愛犬にお留守番を任せたときや、少し目を離した時などにイタズラをする子は多いと思います。イタズラすることをやめさせたい!軽減させた!と誰もが考えたことがありますよね。そこで今回はなぜイタズラをするのか・イタズラが原因の病気がある?!イタズラをした時の対処法を紹介します。

  • 愛猫がふみふみと毛布などをマッサージしている2つの理由とは

    猫がふみふみとしているところを見たことがあるでしょうか?よく子猫のときなどに多く見られる現象です。なぜ猫が前足て足踏みをしているのか、どの時期にしやすいのかなどなど紹介していきます。

  • 「フセ」は愛犬にも飼い主さんにもメリットが!【教え方・コツ・活用方法】

    おすわりの次に活用することのできる「フセ」の教え方・教える時のコツ・活用方法を紹介していきます。フセはペット同伴OKなカフェや公共の場で待つ時などに使用できるので、覚えていた方がよいでしょう。また、フセは犬自身が気持ちを落ち着かせるためにもとても重要なもので、どのような場面でもできるように訓練していきましょう。

  • リードの引っ張りを止めさせるトレーニング

    犬の散歩中に犬からリードを引っ張られている人は多いのではないでしょうか。大型犬になると、力がかなわずにそのまま引っ張られてしまいます。こちらも疲れますし、愛犬ほもっと興奮してしまい止まることがないほどです。また、散歩にいくことが嫌になってしまう事の原因ではないでしょうか。楽しく散歩ができるようなトレーニングを紹介してゆきます。

  • 意外と重要な犬のおいでの教え方・コツ・活用方法を紹介!!

    愛犬を飼った時におしえておきたいしつけの一つとして挙げられる「おいで」ですが、意外な所で活躍をするため訓練をすることをオススメします。そこで今回は「おいで」の教え方やコツ・活用方法を紹介していきます。

  • 愛犬の咬み癖はどうしたら治るの?トレーニング方法・おもちゃ・噛み癖防止グッズの効果とは?

    愛犬の咬み癖がひどく買ったばかりの家具や靴、飼い主の手や来客の足などに噛み付くことに悩まされている飼い主さんは多いのでは無いでしょか?なぜ咬むようになったのか、なぜやめてくれないのかなどを考えた訓練の方法を紹介します。

  • 犬の問題行動ってどんな種類があるの?

    無駄吠えが嫌!すぐに噛んでくるのはどうして!?なんでそんなイタズラをするの!?と愛犬の問題行動に頭を抱えている人も多いはずです。中にはなかなか治らずノイローゼになってしまう飼い主さんも・・・そうなる前になぜそのような行動をとるのかを観察し、トレーニングに取り掛かりましょう。

  • 留守番中の犬のしつけ方法

    必ずしも犬を飼っていれば1度は来る「犬独りだけで、お留守番」。この時のためにあらかじめ、しつけをしておきましょう。

  • 猫はなぜ飼い主に「おみやげ」を持ってくる?その意外な理由とは!

    猫を放し飼いにしていたりすると、稀に獲物を捕まえて持ってくることがありますね。ドヤ顔で見せつけてきますが、飼い主としてはたまったものではありません。今回はそんな猫の「おみやげ」行動についてみていこうと思います!

  • 犬の上手なアイコンタクトの教え方・コツ・活用法

    アイコンタクトを教えることで、愛犬とのなかに絆が生まれてよりいっそ信頼関係を築く事ができます。また、アイコンタクトは問題行動のしつけの時にも役にたちますので、教えておきましょう。

  • おやつを正しく使わないと指示を聞いてくれなくなる!?【正しい使い方・方法】

    愛犬に指示をする時におやつばかり見て、自分を見ていないと感じたことはありませんか?それは、飼い主さんのおやつを見せるタイミングにあったのです。そこで、今回はおやつの上手な使い方・間違った使い方を紹介します。