犬や猫がおしりをなめる・床にこすりつける理由。そのまま放置すると、おしりに穴があくかも!?

愛犬・愛猫が、いつもよりお尻を気にしているなど、次のような様子のときは注意が必要です。

お尻を気にしている様子

  • 歩きながら何度もお尻を見る。
  • お尻を追いかけるようにぐるぐる回る
  • 犬がお尻をこする

 

どこか調子が悪そう

  • 抱っこするとキャンとなく(抱きキャンする)
  • 突然、力が抜けたように座り込む

 

具体的な症状がある

  • お尻に炎症が見られる
  • お尻が腫れている
  • 股間周辺から血が出ている

肛門線の分泌物の溜まりすぎという可能性

お尻を気にする様子は、肛門腺が溜まったときの症状に似ているので、まずは肛門腺のことを考えます。肛門腺に分泌物が溜まると犬はおしりを気にし出します。腫れや出欠がない場合は、肛門腺がつまっていないか、肛門絞りをして様子を見ても良いかもしれません。

肛門腺が詰まってしまい、放置するとお尻に穴が!

お尻が詰まっているアピールをしてくれるわんちゃん・猫ちゃんはいいのですが、お尻が裂けて血が出るまで我慢しちゃう子もいます。お尻を気にする以外は元気だからと放置してしまうと、お尻に穴があいてしまうことも…。特に長い体毛のロングコートな子は、穴があいていても見えないため気づかないなんてこともあります。穴があいてしまった場合、手術が必要になりますのでご注意を…。

無理やり肛門腺しぼりをして傷めてしまった可能性も

その他には、トリミングサロンではサービスで肛門絞りをしてくれるのですが、ごくたまに肛門を傷つけて炎症をおこしてしまうことも。くれぐれも病気を自己診断せずに、獣医さんに相談してくださいね!

nobushino
大分県大分市在住、東京都渋谷区恵比寿、福岡市中央区の多拠点生活をしている。ペットのおでかけコンシェルジュとして、主に大分福岡の九州エリア・関東エリアを、チワワのあんこちゃんとおでかけしている。ペット可のカフェ巡りをしすぎて体重が気になるところ…。