介護・火葬|ペットと人と人をむすぶメディア「petRibbon - ペットリボン -」

menu

介護・火葬

ペットの介護・火葬に関しての情報をあつめたカテゴリになります。老犬や老猫も年を取ると、人間と同じように介護が必要になります。ペットの介護の方法や、介護に便利なグッズ。また、その死んでしまった場合、火葬や葬儀はどのようなことをするのか、またプランなど、気になる情報をまとめたページになります

介護・火葬 のまとめ

  • 老犬が水を飲まなくなった場合の水分補給方法と病気のサイン

    犬は寿命を迎える時期が近づくと水を飲む力が弱って、少量しか水分補給ができていない場合があります。水を飲まない老犬の対処方法と、老化ではなく病気がうたがわれる諸症状についてご紹介します。

  • 老犬介護の必要度チェックリスト

    日々のケアが長生きしてもらう秘訣です。老化を止めることはできませんが、早め早めの気配り対応で、老化のスピードを遅くさせることはできます。犬の健康管理や日常の管理は、老犬になって慌ててするのではなく、生活全般に関して見直す意味でも、老犬生活にむけて準備をする意味でも、一度きちんと向き合ってみましょう。

  • ペットが死んだらどうする?信頼できる業者の7つの見分け方

    愛犬・愛猫が亡くなってからペット葬儀業者を探すと、あせってよく調べないまま頼み、結果後悔することも。また田舎の場合は県内に3件しかないなどで下見が十分できないことや、ホームページのない業者もあります。できれば事前に複数の業者を調べ、比較検討し信頼できる火葬業者を選んでおきましょう。

  • ペットが死んだらどうする?亡きがらの葬り方

    愛犬・愛猫の葬り方は、どのようなものがあるのでしょうか?火葬、納骨・埋葬、供養別に、それぞれの詳しい方法を紹介します。

  • ペットが死んだら、どう葬る?地方自治体・ペット火葬・土葬の3つの葬り方

    もしペットが死んでしまい、遺体の安置をしてゆっくりお別れをしたら、その後どうしたらよいでしょうか?火葬、埋葬の種類やそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

  • 「ペットの犬や猫が死んだら」死んだ直後からペットの火葬・埋葬方法や供養までの流れ

    もしペットが死んでしまったら、何をしたらよいでしょう。火葬して、ペット葬祭業者に頼む。葬儀をしないまでも供養をしてもらったり、遺骨をいただく、永代供養を頼む。所有する土地・庭に埋める。所有する土地や庭がない場合は、市役所に引き取ってもらう。すぐにすることからペットの火葬・葬儀、納骨の選択肢や法要までの準備やマナー、流れをご紹介します。

  • ペットが死んだらどうする?ペットの供養の方法

    最愛のペットが死んで、火葬が終わったあとその供養はどんなことがあるのでしょう。ご供養をおこなうことは、ペットロスの克服にもよいとする飼い主さんが多いんですよ。ご供養にはどんな選択肢があり、みなさんがどのようなご供養をおこなっているのかをご紹介します。

  • 小型犬のにピッタリの介護グッズ3種

    小型犬・中型犬・大型犬によって介護用品の形やサイズが異なってきます。そのため今回は小型犬にピッタリの介護グッズを紹介していきます。

  • 家具の隙間に入りたがる老犬の対処法

    老犬の中には家具の隙間に入りたがり、入ってしまうと出てこれなくなってしまう事があるります。そこで一工夫をするだけで隙間に入ることを防げるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

  • こんなにもあるの?!ペット用仏壇まとめ

    人間のようにペット用の仏壇にもあらゆるデザインのものがあります。そこで、今回はどのようなもの仏壇や位牌、仏具セットがあるのかをまとめてみました。

  • 寿命を左右するサインかも?見た目・ニオイに出る愛犬の25の老化シグナル

    7歳以上のシニア犬が増えている昨今。 老化のシグナルは病気のシグナルであることも。犬は年を取って体が衰えていくと、それが老化シグナルとなって見た目や行動に少しずつあらわれてきます。見逃しがちな老化のサインですが、異常に気付いてあげる事で、早期発見や予防につながります。徐々に年老いていく愛犬の健康をどう守り、どう生活を充実させていくか。日頃の生活のなかで愛犬の見た目や行動を観察し、早めの予防や対処をしてあげてください。

  • 人間の火葬では「喪服」ペットの火葬ではどんな服装がいいの?

    ペット火葬が初めてだけど、服装はどうしたらいいの?亡くなったら何をしないといけないの??などなど疑問に思ったことを紹介していきます。