地震を予知していた?!動物が取る「危険」の合図

地震、、怖いですよね。地震の前の犬や猫のペットの動きを観察してみてください。実は、犬や猫は地震の時に発せられる「電磁波」をキャッチし、いつもの違う行動をとることがあります。また、他の動物にも「電磁波」を感知して異変な行動を起こすものもいるので、紹介していきます。

地震の前兆??

2016年に入ってから震度5以上の大きな地震が立て続けに起こっています。これらの地震は、更に大きな地震の前触れなのでしょうか・・・・。大きな地震が起こる時に、自分のペットの行動を見たことありますか?いつもと違う行動を取っていたり、そわそわしていたりするのは、地震を予知しておこす行動なのかもしれません。では、動物別にどのような行動を起こすと言われているのか、見ていきましょう。

イヌは地震を予知出来る?!

ペットの中でも犬を飼っている人は多いのでは無いでしょうか?実は、犬は「電磁波」を感知しやすいと言われています。地震前になると「急に吠え始まる」「落ち着きがなくそわそわしている」「怯えている」「普段噛みつかないのに噛み付いてくる」「穴を掘りはじめる」「その場から逃げようとする」「おもらしをする」などがあります。また、飼い主にこのことを知らせようとしてくれる子もいます。

ネコのその行動は地震の予兆!?

実は猫も電磁波を敏感に察知することができます。「異常に鳴く」「姿を消す」「家中を歩き回る」「高い木に登る」「飼い主に噛み付く」「家の中でなにかを探して回る」「警戒している状態が1時間ほど続く」「飼い主が寝ていると起こしてくる」などの行動を見せることがあります。実体験談が寄せられているサイトもあるので、1度見てみてはいかがでしょうか?

ナマズが暴れたら地震が来る?!

江戸時代がら「なまずが暴れると地震が来る」と言い伝えられてきました。

安土桃山時代の1592年、豊臣秀吉が伏見城築城の折に家臣に当てた書状には「ナマズによる地震にも耐える丈夫な城を建てるように」との指示が見え、この時点で既にナマズと地震の関連性が形成されていたことが伺える。

ウィキペディア

とも書かれている。またマナズが大量発生したら地震が来る!とも言われています。マナズは電気に敏感なため、電磁波に反応して暴れているのではないかといわれています。しかし、今では人工的に作られた電磁波により、前よりも感覚が麻痺してきたのではないのか?ともいわれるようになりました。

イルカやクジラの打ち上げは関係あるの?・・

イルカやクジラが大量に打ち上げられた時には注意しておいた方がいい。と言われています。しかし、今では「地震との関係性は無い」とささやかれているところも。「東日本大震災」の時にイルカが大量に打ち上げられた事により、多くの人が関係があると疑ったそうです。はっきりとは決まっていませんが、動物の異常行動は何かを予言しているようで、心配になりますよね。

まとめ

いかがでしたか?
このことは実際に科学的研究によってわかったことではありません。ほとんどが仮説になっています。ですが、地震の時にこのような行動を取る事が多いことは確かです。自分のペットが何か異常行動し始めたときには、少し構えておくと良いでしょう。起こる前に備えておく事は大切です。事前に避難の準備などはしておきましょう。

ミカ