病気・症状・保険|ペットと人と人をむすぶメディア「petRibbon - ペットリボン -」

menu

病気・症状・保険

ペットの病気に関しての情報を集めたカテゴリになります。年齢や種類によって、かかりやすい病気がことなるなど、事前に知っていることで予防することが可能な病気もあります。様子がおかしい時は、大きな病気のサインかも知れません。どんなことに注意してお世話をしていけばよいのかなど、年齢・種類・症例・症状別に病気について紹介してゆきます。

病気・症状・保険 のまとめ

  • 愛犬が吐いてる!!病気のサイン?それとも吐き出し?

    突然ワンコがもどしたら心配になりますよね。犬の「吐く」行為には「嘔吐」の他に「吐き出し」というものがあります。特に、子犬や老犬頃は吐き気がでたり吐くことが多いです。「吐き出し」と「嘔吐」の違い、「嘔吐」した時に考えられる病気、犬が吐いたあとの対処方法をご紹介します。

  • 飼い犬のおしっこが出ない?そんな時はまず尿時閉塞を疑え!

    毎日しなければならず、だからこそ大切な排尿。ところがおしっこが出ない!なんてことがあります。ワンちゃんの行動を観察することによって、早期発見が求められますね!今回はそんなおしっこが出ないことによる、尿路結石という病気を見ていこうと思います!

  • 犬の胃捻転!早急に対応が必要な胃捻転の対処法とは?

    人間では幼少期に見られる、胃が捻じれる胃捻転という病気。「いねんてん」と読みますよ。犬では極めてポピュラーな病気です。症状は速やかに進行するため、早期発見と早期治療が必須となります。

  • 犬の脱水症状…。夏に多い症状の対策と予防まとめ

    暑い夏だからこそ、脱水症状には気を付けなければなりません。今回は犬に多い、脱水症状について学んでいこうと思います。

  • シニア犬の認知症、徹底解剖。認知症チェックリスト、そのサインと症状別対策方法まとめ

    人間の高齢化が進んでいるように犬も高度医療化から高齢化がすすみ、愛犬と少しでも多くの時間が過ごせるようになりました。その反面、わんちゃんの高齢化、なかでも認知症による問題行動に悩む飼い主さんが増えてきました。愛犬のサインを見逃さず、しっかりと対策することでよりよいペットライフをすごせるように、チェックリストと対応方法をご紹介します。

  • ちょっとまって!犬の去勢・避妊をする前によく考えよう!

    ペットを飼おうと思っている方は、ペットの去勢・避妊手術についてもきちんと知識を持つことが大切です。そこで今回は犬の去勢・避妊手術のメリット・デメリットについて紹介していきます。

  • 【猫】初めての病院受診【診察内容・予防接種・費用】

    初めて猫を飼ったかたは、病院に行くのもドキドキしてしまいますよね。おそらく猫を飼ってはじめて病院受診に行くのは予防接種の時なのではないでしょうか。そこで今回は実際に予防接種に行った時の様子などを紹介していきます。

  • 犬や猫にもてんかんがあるの!?症状・原因から治療まで犬猫てんかんの病気を知る|病気事典

    「てんかん」とは発作が起こる病気です。「てんかん」と聞くと人間の病気に思えますよね。しかし、実は猫や犬にも「てんかん」という病気になることがあります。もし、発作が起きた時の対象の仕方や治療の方法を紹介してきます。

  • 犬から人に感染する病気「人獣共通感染症」とはどんな病気!?種類と症状、原因、予防方法をご紹介します。

    知らない人が多いですが、実は犬から人にうつってしまう感染症があります。なかには高い死亡率をしめすものも。犬や人間だけでなく、哺乳類すべてに感染する可能性のある感染症もあります。その症状や原因と感染経路、予防方法など知識をつけ、未然に防ぐ方法をご紹介します。

  • 知っておこう!犬のかかりやすい病気ベスト5

    愛犬には長生きをしてほしいですよね。病気になる前に知っておくことで予防できたり、病気にかかってしまったときにいち早く見つけ出すことができるかもしれません。犬も人間とおなじように、早期発見早期治療、予防が大切です。 今回は犬が最もかかりやすい病気ベスト5を紹介していきます。日々愛犬の観察を行い、少しの異変も見逃さないようにしましょう。

  • 犬猫の分離不安症とは、どんな病気?

    猫や犬にみられる、分離不安症(ぶんりふあんしょう)という名前の病気、ご存じでしょうか。ペットオーナーが留守になると吠えたり、粗相をしたり、家具をかじったり、果ては自傷行為まで。子どもの頃、一緒にいたはずのお母さんから離れてしまい、不安な気持ちになってしまったことはありませんか?この不安な気持ち、実は愛犬たちも抱くことがあるのです。

  • なる前に知っておきたい猫かかりやすい病気ベスト5

    病気になってからでは、遅い!飼う前・かかる前に知ることで、小さい頃から予防することが可能です。